せどりとシステムと隠遁生活

せどりをやったり、プログラミングをしながら隠遁生活をしています。

久しぶりにオフ会に出席した

だいさく氏(https://twitter.com/daisaku07)経由でなゆぞう氏(http://ameblo.jp/nayutan72/)からオフ会のお誘いがあったので、参加してきました。
古き良きネットの文化として、ブログを書くまでがオフ会というものがあるので、こうして久しぶりにブログを書いています。
Twitterこそ細々と続けてはいるものの、なにか積極的にネットで活動をしているわけでもないので、こういうオフ会に出ていいものかと思ったのだけど、久々に3年くらい前にいろいろ活動をしていたメンバーも来るとのことで、思い切って参加させていただきました。
だいさく氏となゆぞう氏にはたいへんお世話になり、ありがとうございました。


以下、感想。

せどりガジェット研究所について

せどりガジェット研究所というものがあるというのは、風の便りで聞いたことがあるのですが、セミナーやツールの有料販売をしているので、ちょっと怪しいグループだと思っていました。
いわゆるせどり業界には、怪しい情報商材を販売したり、高額なセミナー商法を行っていることが少なくないのです。
そんな中、昔のせどりグループや、エーブックさんなどのネットで積極的に活動していた人たちのいたころのような活発な活動を今でも続けているグループがいたことに驚きました。

まだまだ活発?

はてなグループせどりグループが機能していたころが、個人的な印象ですが、せどり関係のネット活動がピークだったように感じます。
そのころと比べると、現在は情報商材ツールの販売をしているブログを除くと、活発に活動している方は減ったと思っていました。
しかし、今回のオフ会に参加した人数はかなりのものだったので、そんなにせどり業界廃れていないのかなと思いました。
さすがに、せどりだけという人は少なくなりましたが、いろんな手法や他の業種への展開など、まだまだ工夫の余地がたくさんあり、自分も勉強しないとなと思いました。

これからの展開

良くも悪くも自分のペースでせどり(Amazonヤフオク、その他いろいろ)ができているとはいえ、新しいことを始めてみるのもいいんじゃないかと思いました。
とりあえず、ガジェ研に参加する、ブログを書く、などしてみようかと思います。
まあ、3日坊主になりそうですが……